イタバシーゼの散歩道

itabashise.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 02日

赤塚公園は今綺麗です。

e0118927_12295493.jpg

今、一年の中で1番キレイな赤塚公園。

桜やその他の落葉樹の紅葉ピークは少し前なのですが、今は、イチョウがキレイに黄色くなっていて、思わず足を止め見とれてしまう美しさ。
サラリーマンっぽいおじさんも親子連れも、みんな思わず携帯のカメラで撮ってたりなんかして。

私もはなをおんぶして、カナ君を連れて行ってきました。
赤塚公園って遊具は無いんだけど、落ち葉や噴水など、何気ないモノで結構十分楽しめて私は好きです。
カナ君も、家を出る時は乗り気じゃなかったっぽいけど、落ち葉の中を自転車で走って大興奮!結局、お昼も公園でピクニックランチにし、4時間近く遊んでました。
(さすがにオンブ4時間はしんどかった〜。肩と腰がガチガチ。)
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-12-02 12:29
2009年 11月 27日

感情を体全身で表現する感受性。

更新していないうちに、カナ君は3歳になりました。

3歳になる前に沖縄旅行したり、誕生日はバースディパーティをしたり、保育園での誕生日会などと残しておきたい記録はいろいろあるけど、それはまた後で。


今月の保育園の保育だよりで「うちの子自慢」をしてくださいと先生から頼まれていて、
パパに、「ねぇ。カナ君のいいところって何だと思う?」と ふと聞いたところ、こう答えてくれました。(←タイトル)

すごいなぁ。彼のこういうところ、本当に感心します。
平日は帰りも遅く、あまり子供とふれあう事もないのに、ちゃんと子供のこと見てるんだなぁって思う。

カナ君の好きなところ、ママはたくさんあるけど、
「カナ君らしさ」といえば、この一言(←タイトル)につきる気がする。
良くも悪くも、喜怒哀楽を体全身で表現できるってすごい事。
「怒」や「哀」の大胆な体表現はちょっぴり困る事もあるけど
大人になってもその感受性を持ち続けて欲しいな。


ところで感受性といえば、
今日カナ君はドラえもんをみて感動して泣いていました。

STORY はのび太と忠犬ロボットはっちとの交流の話で、確かに大人の私も片手間で見ながらウルウルしちゃうような内容だった。
突然「ママぁ〜。」と泣き出し、びっくりしたよ。

一瞬、なんで泣いてるのかわからなくて、次の瞬間「あ!ドラえもん見て感動したんだ!」とわかったけど、大きな口をあけて「わ〜ん!」と泣いているカナ君をみて、パパのこの「感情を体全身で表現する感受性」というカナ君自慢を思い出し、ママはなぜだかしあわせな気持ちになりました。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-11-27 23:10
2009年 09月 27日

シルバーウィークを満喫!


e0118927_221634100.jpg

今年は9月にシルバーウィークなる5連休!
翌週末も含めると、たくさんたくさん遊びました。

子供がいなかったときなら、海外旅行などを計画してたかも。
でも今年は産まれたばかりの子もいることだし、実家のある群馬をメインに遊びにいってきました。

カナ君は実は今年3回目になる釣り堀へ行ったり、
グリーン牧場へ行って羊や牛さんの乳搾り体験をしたり。
動物とふれあうことが多かったのかな。

カナ君はあまり動物を怖がる方ではなくて、
でもちょっとビビりながら羊やヤギや牛をさわさわしてたんだけど、
実は彼が一番ビビっていたのは、羊のフン。
今までキャッキャと草原を駆け回っていたのに、足下がフンだらけなのに突然気づき、突如歩き方がぎこちなくなってるの。ぷぷ。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-09-27 18:14 | 旅行
2009年 09月 19日

スーパーイワシスペクタクルショー

e0118927_2295564.jpg


月日が経つのって本当に早いですね。
私がぼーーーーっとしているうちに、はなちゃんは寝返りをするようになりました。
ここ2、3日でね。2人目って本当にあっという間に成長してるなぁ。

こうやって、
気がつくとお座りできるようになって
気がつくとハイハイしてたっちして、気がつくと話すようになっちゃうんですね。きっと。

だからこそ、ブログなどで日々の成長を記録しなくちゃ。
と思いつつ結局ぼーーーっと過ごす毎日。いけませんねぇ。

しかし私がぼーーーっと過ごしている間、
カナ君も着実に成長しています。

赤ちゃん返りに悩まされた日々から、すこしづつお兄ちゃんになってきて、
最近ではおもちゃを貸してあげたりするように。

はなちゃんはカナ君のことが大好きな様で、カナ君がそばに来るとうれしそうにニコニコ笑顔に。
するとカナ君も「あ。はなちゃん、カナ君見て笑ったよ〜。」とはなちゃんのニコニコ顔にとってもうれしそう。
そんな笑顔の相乗効果で2人の関係も段々イイ感じになっていくみたい。
この子たちを見ていると、本当に笑顔って人をしあわせにするチカラがあるんだなって思うよ。

で、スーパーイワシスペクタクルショー。
横浜八景島で見てきました。何万匹のイワシが音楽に合わせてショーをするんだけど、生で見ると本当に迫力!

感激モノです。まだの方はぜひ。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-09-19 15:08
2009年 05月 21日

すっかりおデブさん

e0118927_1555719.jpg

はな が産まれて3週間程たちましたが、
出産予定日は、本当は今日だったワケなので、一歩間違うとまだお腹にいたのかも。。。
そう思うとなんだか変な気分です。

だって今のはなちゃんは、
産まれた直後から比べるとずいぶんと大きくなりました。
なんというかまだ完成されていなかった生き物だったのが、
やっと人間になった。という感じ。

何を着せても、服の中でモゾモゾしていた細い腕と脚は、
大の字に大きく伸びて、服の外へ出るようになりました。

脚のキック力は強くなり、
掛け布団代わりのバスタオルを蹴っ飛ばしてはがしてしまうほど。

そして、顔はパンパンふっくら。
二重あごのぶーちゃんです。

それにしても、2人目って本当に楽チンです。
出産に要した時間も短くてすんだし(痛かったけど)、
産後の傷の痛みや疲れなどは1人目とは段違いに軽かったし、
なにより赤ちゃんのお世話自体が、びっくりするくらい楽チン。

1人目を経験しているので慣れたせいなのか、
ハナちゃんの個性の問題なのか、
オムツ替えと授乳さえしていれば、後は寝てばかり。

これくらいなら、あと2人や3人は楽勝か?
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-05-21 16:59
2009年 05月 15日

お兄ちゃんだもん。

e0118927_1531063.jpg


先日産まれたムスメの名前は、 はな  に決定しました。

他にも名前の候補はあって、私としてはそっちの名前の方がいいかなぁなんて思っていたのですが、
産まれてすぐ、体を拭いてもらったりしてるムスメを見た時、「はなちゃんだ!」と思ってしまったのです。

しかし、ムスメのことを はなちゃん と呼び始めて気がついた。
カナ君 と はなちゃん って紛らわしいよね。

じいじやばあばはカナ君のことも、
「カナちゃん」と呼んだりしているので、余計にどっちのことを呼んでいるのかよくわからないし。

ところで、今週に入り、やっとカナ君はいろんなことに慣れてきたようです。
授乳中に寂しそうな顔をしたり、「遊んで!遊んで!」と執拗にせがんできたりはするけど、
前のようにパニック状態になったりすることはなくなり、
気がつくと、はなちゃんの横に大好きなシンケンジャーの人形をそうっと置いてあげてたり、
ほっぺたをナデナデしながら「かわいいね。待っててね。」と言ったりしていて、
そんな姿を見ていると、微笑ましくうれしく思います。

(カナ君はよくはなちゃんに「待っててね」と話しかけているのだけど、
きっと、これって私がよく言っているのよね。いっつも待たせてばかりなようなので気をつけなくちゃね。はは)
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-05-15 22:35 | 2歳4ヶ月~
2009年 05月 07日

切ない切ない赤ちゃん返り。

妊娠中から甘えん坊のママっ子になっていたカナ君でしたが、
出産時の入院中はケロッといい子でお留守番をしていたようでした。

ちょうどGW中ということもあり、
毎日毎日パパとばあばとじいじと従兄弟のソラ君などと遊び、楽しく過ごしていたせいもあったのかもしれません。

だから、ママはちょっと油断していました。

退院後、そのまま群馬の実家へ。
翌日から仕事のパパは、そのままとんぼ返りで東京へ帰ってしまい、
慣れない家、慣れない群馬のじいじとばあば、そしてママに抱っこされている赤ちゃん!
環境がガラリと変わってしまい、
カナ君は完璧にパニックに陥ってしまっていました。

キィ~っと甲高い声で突然泣き叫んだり、
泣きながら、「ママは赤ちゃんのところに行って!」とママを押しのけて、「カナ君のママ(はどこ?)、カナ君のママ!」と赤ちゃんが産まれる前の自分だけのママを泣きながら探すカナ君。

ママ歴2年半になるのに、なんとも情けないことだけど、
こんな時、どうしていいかわからない。
一緒にわんわん泣いてしまいました。

ホント、子育てって難しいな。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-05-07 22:49 | 2歳4ヶ月~
2009年 05月 02日

元気に産まれました!

本当に更新をサボっておりましたが、5/2 AM2:58 に無事女の子を出産しました。

さかのぼること4日前。
休日前の定期健診の時に、NSTという赤ちゃんの心音とおなかの張りを監視する装置をつける時に助産士さんから、「あら~。ずいぶんといいお腹してるわね~。今日にも産まれそうな下り具合ね」などと言われ、「え~。まだ予定日は3週間以上も先ですよ~」などと笑って話していたのですが、その後の先生の診察でも、「子宮口が3cm開いてますね。2,3日中に間違いなく産まれます。」とお墨付きをいただく。

とはいえ、3日間は何事もなく過ごし、
5/1 夕方から感じるお腹の張りがどうも規則的な気がし、時間を計ってみるとやっぱり30分おきに来てるような気が。。
お腹の張りの合間に、カナ君を保育園まで迎えに行き、
夕飯を食べ(カナ君にも食べさせ)、お風呂に入ったりしてるとかなり痛くなってきた!

前回の出産時はスピード出産だったので、
「2人目は転落産もありうるので早めに!」と脅されており(「転落産」って言葉が強烈でしょ?)、
あまり本格的な痛みになる前に入院。(PM9時頃)

いったん陣痛が遠のいたりもして、主人と2人で陣痛室のベッドで眠ったりしてたのですが、
夜中の1時頃に突然の激痛。その後はあれよあれよというまに進行し、あっという間に産まれてしまいました。
(所要時間2時間)

本当に自分でもびっくりするほど早く産まれたので、「あれ?もう産まれたの?」という感じ。
助産士さんからも「入院のタイミングといい、陣痛の進み方といい、上手!」とお褒めの言葉をいただいてしまいました。ははは。

久々にみた新生児は、ちっちゃい!かわいい!ふにゃふにゃ!

今は実家のPCで写真をUPできなかったので、
写真は後で。。

↓UPしました。
e0118927_14593145.jpg

[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-05-02 02:58 | 妊娠
2009年 03月 02日

妊娠性糖尿病?

e0118927_22282545.jpg


先週の定期検診で、糖の値がプラスなので妊娠性糖尿病の疑いがあり、
すぐに検査しましょうと指摘を受けました。

その上、体重の増加曲線が急な右肩上がりの為、その点も十分に注意して!と。
カナ君妊娠時には体重増加は8kg以内に抑え、その点では模範妊婦だった為、安心していましたが、
今回は8ヶ月目にして既に9.5kg増。

思い当たる点は多々あり。

ひとつは、
カナ君妊娠時は働いていたので、毎日片道15分の道を自宅から駅までを歩いていたし、会社からの帰り道は隣の駅まで歩いたりもしていました。それに駅の階段の昇り降りなど通勤だけで結構な運動してたと言えます。
それが今は、絶対安静は解けたものの「必要最低限の日常生活を安静に過ごす」という毎日を送っているので、歩く事なんて皆無。多少の労働といえば掃除、洗濯くらいかな。

もうひとつは、間食が増えた事。
ずーっとサラリーマンをしていた私は、平日家でボーっと過ごすのに慣れていないんです。
手持ちぶたさでチョコを食べたり、クッキーをムシャムシャしたり。。。

糖負荷検査の結果、問題なかったものの、体重制限はまだまだあと2ヶ月続きます。
運動できない今の身体で、調整できるのは食事制限のみ。
つらい日々になりそうです。

参考までに糖負荷検査の方法とは↓
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-03-02 22:38 | 妊娠
2009年 02月 26日

カナ君の変化

e0118927_14264348.jpg


子供って不思議です。
もう1人家族ができるっていうのを、どこかで感じ取っているみたい。

まず、最初の変化は保育園で。
ちょうど私が妊娠に気づいた頃、ううん。気づく前だったかも、
保育園でお友達のことを噛んだり、ひっかいたり。
叱られても笑ってごまかしたり反抗的な態度を繰り返していました。

家でも甘えん坊になり、
いままではじいちゃんっ子だったのに、突然ママにべったりになって。
ママとお風呂に入る。
ママとじゃないと眠れない。
他の家族じゃなく「ママ」と遊ぶの!
などの他、眠くなったり叱られたりした時にはママの肌を触ると落ち着く。。
みたいな感じになっていたんです。

保育園の先生に、まだお腹も大きくない時期に、2人目妊娠を報告したとき、
さすが先生。「やっぱり!カナ君の様子で2人目ができたんじゃないかって話してたんです。」(!!!)
こういうとき、プロだなぁと思いますよね。
ホント安心して子供を預けられます。

今では、カナ君もだいぶ落ち着いてきて、
「ママ、赤ちゃんいるの?」とか「ポンポン(お腹)痛い?大丈夫?」とお腹をナデナデしたり、
保育園でのお友達とのふれあいも優しい気持ちで接する事ができるようになったみたい。

赤ちゃんが産まれても、
カナ君が不安に思わない様、しっかり愛情を注ぎたいけど。
育児って難しい。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2009-02-26 14:33 | 2歳3ヶ月