イタバシーゼの散歩道

itabashise.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 14日

板橋区の住民に・・・。

午前中、パパが出生届を区役所に提出してきました。
これでカナ君は晴れて板橋区の住民になり、私たちの長男に法的にもなったということ。へへへ。なんだか恥ずかしいような不思議な気持ち。

午後には、群馬の実家へ。1時間強の車の移動中、ずーっと寝ててくれたので良かった。まだふにゃふにゃだから抱っこしてるわけにはいかないし。
実家につき、群馬のじいばあもカナ君の小ささかわいさにホントにうれしそう。孫ってホントにかわいいんだろうね。
e0118927_1852221.jpg

[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-14 18:44 | 出産・新生児期
2006年 11月 13日

祝・退院!

産後の経過もいいので。ということで予定より1日早く退院できることに。
でも退院診察のとき、先生に黄疸がちゃんとおさまるまで様子を見ててください。と言われ、まだ黄疸治ってないんだぁと思ったら悲しくてかわいそうで不安で泣けてきてしまった。

とはいえ無事に退院。
ひいじいちゃんが銀座(!)で買ってきてくれたフリフリドレスと、姉が編んでくれた靴でおめかしして帰宅。家に帰るとちょびこ(猫)がかなり動揺。カナ君のことが気になって仕方がない様子。
e0118927_18415483.jpg

[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-13 18:31 | 出産・新生児期
2006年 11月 12日

新生児黄疸!

e0118927_15102797.jpg

黄疸がでている為、1日だけ光線治療を行う事になりました。

赤ちゃんは肝臓の機能が未熟なため、一時的にビリルビンという黄色い物質が体内にたまり、その影響で皮膚が黄色く見えるのだとか。新生児にはよくあることなので心配ないらしいのですが、目隠しをされ保育器の中に入れられ光を浴びている我が子の姿はなんとなく痛々しく切ないものがあります(涙)

e0118927_15131142.jpg

[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-12 14:58 | 出産・新生児期
2006年 11月 11日

涙の爆乳。

おっぱいが出ない。大丈夫かしら。

なぁんて心配していたら、夜の授乳タイムあたりからおっぱいが張り出してきた。
あっという間にパンパンになったソレは、まるでカノウミカさんのよう。(ホントです)
今までにないくらいの爆乳(ホントです)に、うれしがっていたのはほんのわずか。あまりの痛さに眠れない。
この日の夜は、夜更けまで泣きながら乳搾りでした。
せっかくだから写真とっておけばよかった。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-11 23:19 | 出産・新生児期
2006年 11月 10日

本日のカナ君

パパへのメールより抜粋。

e0118927_19414545.jpg

カナ君は現在2864gです。
あれ?産まれた時より軽くない?と思いますが、大丈夫。水分が抜ける為、産まれて2、3日は少し軽くなるのが普通だそうです。

毎回おっぱいタイムは泣き叫んでいます。何故ならとてもお腹がすいているのに私のおっぱいがでないからです。そんなわけでミルクをあげると、牛乳早飲みを自慢するちびっこのようにぐびぐびと一気飲みをします。

先ほど眼があった時、耳元で『カナタ君』と囁いてみました。すると顔を離しても眼で私の顔を追うようになりました。まだ見えてないはずなのに。


[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-10 19:29 | 出産・新生児期
2006年 11月 09日

ミスタープレジデント

e0118927_19452629.jpg

授乳タイムのとき、初めて目が開いた顔と対面しました。
このころの赤ちゃんはまだ良く目が見えません。
でも20cmくらい離れたところにある黒いもの。
そう。おっぱいをあげているときのお母さんのやさしい瞳は見えているんだとか。
なるほど。
はじめまして。ママですよ。見えてるかな?
なんて目を覗き込んでいたところ、おや。誰かに似てる。
あ。小泉元首相に似てるような気がするんですけど。
え?ってことは将来は孝太郎くんみたいなさわやかな青年になるのかしら。
うふふ。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-09 19:32 | 出産・新生児期
2006年 11月 09日

ほよ〜。

何を考えてこの顔なんでしょうか。
この時期の赤ちゃんはみんな1度はやるこの「ほよ〜」ですが、
みればみるほど、うちの子の「ほよ〜」が一番かわいいぞ。
はい。ただの親バカです。

e0118927_19312751.jpg

[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-09 19:20 | 出産・新生児期
2006年 11月 08日

感激の父。

私が陣痛で苦しんでいるとき、パチパチ写真を取り、VTRを回し続けていた夫。(怒)
助産婦さんにも
「立ち会うならカメラマンにならないで、そばで一緒に頑張って!」と叱られていました。

息子が産まれた瞬間。
彼は感激のあまり泣いていました。写真を撮るのも忘れて。

彼を叱った助産婦さんが、後に「ふと気づいたら写真も撮らずに泣いてるんだもの。笑っちゃったぁ」と笑いながら話してくれました。
いかにも彼らしいエピソードですが、こればっかりはしょうがないです。
だって出産って感激するんですもの。ホントです。

e0118927_19381283.jpg

[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-08 07:30 | 出産・新生児期
2006年 11月 08日

死ぬときより痛い。でも安産。

出てきてしまうのを我慢できなくなってから家を飛び出したので、
病院に着いてからはあっという間。
もう産まれそうということで、すぐに分娩室へ移された。
ワタクシ的にはそれからがものすごく長く、辛く、痛かったケド・・・(涙)

ホギぇ〜。
と出てきた息子は胎脂に覆われて白っぽく、
そして赤かった。(ん?なんか変な表現。ま、実は興奮状態のためあまり覚えていないけど)

e0118927_035081.jpg
[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-08 07:05 | 出産・新生児期
2006年 11月 07日

今日、産まれちゃいますね。

「ん?子宮口4cmくらい開いてるな。今日産まれちゃいますね。」
と言われたのは、予定日より9日早い定期検診で。
昨日から骨盤が砕けるように痛くて、下に降りてきていると思ってたのよね。
それに、今日は大潮。・・・いよいよくるな。
とはいえ、陣痛の始まる気配もなく、ひとまず家に帰る。
姉にきてもらったが夜になっても陣痛が始まらず、妊婦最後の夜の記念撮影。

e0118927_23113549.jpg


かなり尖ってます。
[PR]

# by aya_gokugoku | 2006-11-07 23:00 | 出産・新生児期